2015年8月29日土曜日

Valiant その4 -Shadowman-

前回あれだけ言ったにもかかわらず4月から4か月かかってやっと登場のValiant その4『Shadowman』です。現行Valiantからの遅れに少し気が遠くなりそうですが、とりあえずやりたいという意思だけはあるのでなんとか頑張って行こう。
さて、2012年5月から8月発行の前回の『Archer & Armstrong』まで4シリーズを連続で怒涛の勢いでリリースしたValiantですが、ここで一旦落着き3か月の間をおいて同年11月から新たに始まったのが、この『Shadowman』です。ちょっとこの『Shadowman』については自分的には準備不足か、と思うところもあるのですが、そんなこと言ってても進まないのでとりあえずできるところまで頑張ってみるです。


-ニューオリンズ、過去-

彼は最後の戦いに臨む。身重の妻とお腹の中のわが子を残し…。この闘いで宿敵Draqueをデスワールドへ追いやることができれば全てが救われるはず。闘いの最中、彼-Shadowmanは遂にDraqueと相対する。だが、その時夜明けの光が町に流れ込んでくる。DraqueはShadowmanの力が失われるこの時を待っていたのだ。最後の力で宿敵に一撃を突き立てるShadowman。だが、致命傷を負った彼はDraqueとともにデスワールドに引き込まれ、二度と戻ることはなかった…。

-ニューオリンズ、現在-

博物館で働く青年Jack Bonifaceは父を知らず、母とも幼い頃生き別れ、孤児として育った。成長した彼は探偵を雇い、両親の調査を依頼する。だが、その結果わかったことは父と母の犯罪記録だった。Jackは調査書類とともに、両親との唯一の繋がりだった幼い頃から常に身に付けていた御守りを海に投げ捨てる。

しかし、記録に残っているものがすべてではない。彼の父こそがかつてDraqueから世界を守り、デスワールドへと消えて行ったShadowmanだったのだ。そしてその時妻のお腹にいた子供がJackだった。そして彼が身に付けていた御守りは、今でも世界の陰で続く争いから彼を隠し、遠ざけているものだった。それを失った今、Jack Bonifaceは新たな運命に飲み込まれて行く…。

Jackが御守りを手放して間もなく、敵-Draqueの信奉者達-は彼の存在を察知し、襲い掛かってくる。超自然的な異形の前になすすべもなく絶体絶命のピンチに陥った時、謎の”影”が彼に呼びかける。そしてその声に導かれるままJackはShadowmanに変身するのだった。

そして、彼の存在を知ったのは敵だけではない。過去にShadowmanとともに戦ったDoxと、現在のグループのひとりである能力者の女性Alyssaも戦いの場に駆けつける。

彼らの助力もあり難を逃れたJackだったが、あまりの突然な展開に戸惑うばかりだった。しかし、敵はやっと見つけたShadowmanの後継者に猶予を与えるすきを与えず、ただちに次の攻撃にかかる。まだShadowmanに変身する術もわからず窮地に陥るJack達。Alyssaは一か八かの賭けに出てJackを自らとともにデスワールドへ引き込む。そしてそこでJackはかつてのShadowman=父と出会いShadowmanの力を引き継ぐのだった。


と、実は結構わかりやすく馴染みやすい変身ヒーロー物だったりします。協力者とかいるところはなんか昭和のヒーロー物を思わせたり。で、なぜ準備不足かとか思っているかというとちょっと過去作からの経緯の方だったりするのです。
旧Valiant Comicsの『Shadowman』は、『X-O Manowar』などより少し遅れ、『Archer & Armstrong』などの始まるイベント『Unity』よりは少し前ぐらいの時期に始まっています。ストーリーは全く違っていて、主人公同名のJack Bonifaceはニューオリンズのサックス奏者。ある夜、演奏の後謎の美女に誘われ彼女のアパートを訪れるが、実はその女は猟奇的な殺人者で危うく命を落とすところだったが、自分でも理解できない謎の出来事により一命を取り留める。その夜をきっかけにJackは夜になると謎の力に導かれるように戦いを求めて街を彷徨い、道端で拾ったマスクを身に付け、夜の陰に潜む悪との闘いを始める。Jackの住居のハウスキーパーのブードゥーに信心深い老黒人女性Nettieが彼がブードゥーの戦士Shadowmanの力を受け継ぐものだと告げ、手渡した手づくりのコスチュームを着てJackはShadowmanとして戦い始めます。というのが3号までの話で、敵などもあまりはっきりしないままとりあえずはイベント『Unity』に進んで行きます。
この旧シリーズも後に出た0号があるのでそちらも読んでみました。そちらはJackが不死人であるArmstrongから先代のShadowmanについての話を聞くという設定になっているのですが、ストーリーは現行版でも宿敵となっているDraqueがいかにして現れShadowmanと関わって行くようになったかという方向で語られ、過去に遡って設定を補完するという他のシリーズとは少し様子が異なっていました。これはブードゥーの力で戦うダークヒーローとして始まった旧『Shadowman』がDraqueという敵との闘いという方向でストーリーが固まってきたある時点で、そのストーリーを補完するために描かれたものだろうと思えます。
『Shadowman』にはその後、Acclaim Comics時代にも、ガース・エニスが4号までを手掛けJamie Delanoに引き継がれたリランチ版のシリーズがあります。まだそちらの方までは手を付けられていないのですが、同時期本体であるゲーム会社のAcclaim社からゲーム版『Shadowman』が発売されました。現在はSteamでプレイできるのですが、少し前にお正月のセールかなんかの時に買って少しだけやってみました。序盤の展開はなんかあんまり感情移入できない感じの主人公(この人もJack Bonifaceなのかな?)がShadowmanの力を求めてデスワールドに入って行くというものです。いや、ホント序盤しかやってないのだけど。時間ないし、ゲーム下手だし…。まあ、つまり何が言いたいかというと、現行版では重要な要素なのだけど、旧Valiant Comics版では0号の時にも出てこなかったデスワールドがここではほぼ現行版と同じ感じで出てきているのですね。
と、このような歴史を経て現在に至り、現行版はその集大成ということになるのでしょう。まあまだ断片ばかりなのですが、それでもシリーズというものが当初の作者の手を離れた後も生き続け、自ら完成を目指すような過程を見るのは興味深いもので、私のようなものはそれをきちんと見極めたいなと思ってしまうのです。そんなわけでとりあえず現行版のストーリーは説明できるものの、少し準備不足かというところですが、いずれはその歴史も含めた『Shadowman』の全体像を明らかにしてみたいものだと思っています。まあ、調べりゃわかるか、というところではありますがそれはそれ。

現行版『Shadowman』のスタート時のライターはJustin Jordan。DCなどのいくつかのシリーズの他、代表作はImage ComicsのLuther Strodeシリーズあたりでしょうか。他にも近作で同Imageのゴアな感じのSF『Spread』とかいろいろ読んでみたいライターです。Avater Pressからも『Dark God』という作品やJonathan Hickmanが離れた後を引き継いで『God Is Dead』を書いたりしています。
序盤のアーティストはPatrick Zircher。ゲームなどのイラストレイター出身でDC、マーベルなどで多くの作品を描いている文句もつけようもない達者な絵描きです。

現行版『Shadowman』5号からの第2章では後に自身のシリーズも始まるキャラクター死者と話すことができるDoctor Mirageもゲスト出演します。旧シリーズでは男性だったようですが、ミステリアスな女性キャラクターになっていてそちらも楽しみです。また、デスワールドからの脱出のかなわなかったDraqueは幽閉されているBaron Samediとの共闘を試みる、という展開になって行きます。
というところなのですが、実はこの現行版『Shadowman』、その後16号プラス、シリーズ『End Time』3号を出した後現在は休止中です。やはりValiantもそれほど大規模なパブリッシャーではないので、現在は全てのシリーズを常に続行中というわけではなく、関連のあるいくつかのシリーズが出ていて他は交代で休みという形で出版されているようです。『Shadowman』についてもまた再開されるものと思われますが、とりあえずはまず、現行、旧シリーズを含めた『Shadowman』全体像の解明に努めたいと思っております。

というところで、これでやっとValiant復活後の初期キャラクターについては一通り終わったので、次回からはやっと複数のシリーズに渡るValiantワールドのストーリーの進行という形で話を進めて行けるようになりました。次回その5は『Harbinger』と『Bloodshot』のぶつかる『Harbinger Wars』となります。そもそもが遅れている上に、今回は3分の2ほど書いたところで夏風邪で倒れたりという始末で、なかなか思うようにいきませんがなんとか頑張って行きますので、またよろしく。
あと、誰もが言いたかったであろうShadowmanの胸を飾る大変わかりやすい直接的なシンボルマーク!なんか『ラッキーマン』とかに出てくるヒーローみたいだけど…、ということも敢えて一回だけ言っておこう。


●関連記事

Valiant その1 -X-O ManowarとHarbinger-

Valiant その2 -Bloodshot-

Valiant その3 -Archer & Armstrong-


●Shadowman


'君のせいで猫も失くした'はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

0 件のコメント:

コメントを投稿