2014年9月27日土曜日

Header : Unrated Version - 『Header』映画版 -

※今回は前月(2014年8月)に感想を書いた小説『Header』の映画版『Header : Unrated Version』についての感想です。詳しいストーリーなどについてはそちらを読んでください。

夏のホラー特集 その1 Header -Hump! エドワード・リーの残虐バイオレンスホラー-

というわけで『Header』映画版です。実際には8月中には届いていたのですが、なんだかんだで少し間があいてしまいました。すみません。

まず、私の個人的な感想で言うと、この映画、超低予算ではありますが、それなりにはよくできていたと思います。登場人物同士が会話するシーンが割と平板で画的にも同じようなバストアップであまり工夫が無かったりしますが、その辺りは超低予算ゆえということで仕方ないかなと思います。それから、後半にTravisが父母の死の真相を祖父から聞かされて…、という展開があるのですが、その一連のくだりが少し急ぎ過ぎている感じだったり、もう一方のCummings捜査官の話との時系列が曖昧になったりというあたりは少し気になりました。しかし、全体的には私が読んだエドワード・リーの『Header』という小説をかなり忠実に映像化した、なかなかの作品という印象でした。

と、いうところなのですが、しかしこれはあくまでも原作の小説を読んだ上での私の感想なのですよね。映画というものは大抵は原作と関係なく、まずそれ単体で観られるものです。そこから考えると、例えば前に私が書いたぐらいの紹介文を読んでこの映画を観たホラー映画ファンの人がいたら「期待したほどのエグイ描写は無かった」と思うかもしれません。まあ、この辺は人それぞれ温度差があって、『ホステル』、『マーターズ』あたりぐらいは観た、という私の考えですが。前述のあまりうまくできていない部分は、もっと混乱するだろうし、他にもそもそもがレッドネック同士の諍いに端を発する話なのですが、Travisが一方的に暴れるばかりで相手からの報復といった展開が無いのを欠陥として指摘する人もいるかもしれません。

というわけであくまでも原作小説を読んだ上での私の感想ということになりますが、上に書いたホラー映画として弱い部分の一部は、小説の感想の時少し触れた、この小説がノワールでもあることと、エドワード・リーという作家が結末から逆算してストーリーを組み立てる傾向があることに原因があるのではないかなと思います。ノワールとか言い出すと結局自分の好きなジャンルに引き寄せているだけでは、と思われそうですが、そういうわけではありません。この『Header』という小説が、ノワール原理主義的な人が唱える「強迫観念にとらわれた登場人物が、その行動によって追いつめられて行き、自滅して行く」というような形に当てはまるからです。そしてその結末に向かって組み立てられたストーリーの中で、流れにうまく当てはまらない部分はカットされたり、そもそも目を向けられなかったということではないかな、というのが私の推測です。原作小説は終盤、その暴走する登場人物にとことん感情移入させるように進み、最後に読者を突き放すように終わります。この映画もそのように撮られていて、ラストシーンは私が思い描いていたのとほぼ一致するような画で終わりました。そういうわけで、この映画は私と同じようにこの原作小説を読んだスタッフによって作られた、個人的にはなかなかの良作と言える作品でした。

そして、問題のエドワード・リーとジャック・ケッチャムの出演シーンですが、Travisによって遺棄された遺体の発見現場を確保する2人の制服警官というもの。怪しい山羊髭面のリーと人相の悪いケッチャムは単体では到底警官には見えなそうですが、2人並べて制服を着せてパトカーの横に立たせれば何となく納得してしまうものですね。演技に関しては、日本人以外のは上手い下手は判別しにくいものですが、多分上手くは無いでしょうね。でもファンサービスとしてはとても楽しいものでした。しかしケッチャムは本当に人相が悪くて、いくら警官の制服を着ていてもコイツが一人で死体のそばに立っていたら、コイツの仕業にしか見えないよ。 

原作小説は1995年、この映画は2006年製作です。監督はArchibald Flancranstin。出演は、TravisにElliot V. Kotek、Cummings捜査官にJake Suiffian。この辺はあまりにも専門外なので、このくらいのデータで。
この映画は私はDVDで観たのですが、アメリカのAmazon.comにはあるのですが、日本のアマゾンからは購入することができませんでした。まあよく考えてみたらアメリカにあるものが何でも買えたら日本国内的にはまずいポルノなどでも買えてしまうわけなので、『無審査版』などというホラー映画は買えないようになっているのでしょうね。今回こちらは洋画ファンの人ならご存知であろうDVD Fantasiumから購入しました。日本にもファンの多いホラー映画の一つとして、リストに載せてくれていたのでしょう。映画版ホームページのリンクもあってとても助かりました。
ただこの映画『無審査版』とは言っても日本国内で観てはまずいほどのものではありませんでした。『イースタン・プロミス』で多くの人が目撃してしまったブラブラしたやつも映ってはいませんので、興味を持たれた人は安心してご覧ください。こちらのDVDはオールリージョンだったので、特別なプレイヤーが無くても大丈夫です。

というわけで、小説、映画を合わせて『Header』について、やっと完成しました。しかし、翻訳のない小説と日本公開されていない映画という組み合わせだったので、もう少しストーリーについても詳しく書いた方が良かったのかなと思ったりもします。またこういう機会があったらその時はもう少し考えてみようと思います。ホラー小説に関しては、エドワード・リーの他の作品も含め、未訳の面白そうなのが山ほどあるので、なんとか少しずつでも読んで書いていきたいなあと思います。ハードボイルド/ノワール小説とコミックだけでもアップアップ状態の私ですが、なんとか頑張ろう。


映画『Header』ホームページ

DVD Fantasium  

    

0 件のコメント:

コメントを投稿